×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガン、腎臓病、心臓病、糖尿病、白血病など病気やケガをしたときの保険の使い方を教えます。

病気やケガをした時にどうして医療費ってこんなにするのかなあ〜。
医療費が高いなあ〜今月やりくり大変だなあ〜とか
会社を休まないといけなくなったどうしよう〜とか
特にガンや心臓病、腎臓、糖尿病などといった病気は治療するのにたくさんの時間とお金がかかります。

そんな感じで病気やケガになると病気やケガのことだけでなくいろいろ不安や心配があるものです。
特にガンや心臓病などのように入院や手術をするような事態になればただでさえ病気のことだけに集中したいのに
そんなことまで考えてられない(考えたくない)ということも多いと思います。
事実、私自身も骨髄異形成症候群という病気で入院の経験がありますが、そのようなことは ほとんどあとから知ったことのほうが多かったです。

しかし、実は健康保険などの保険や年金のことをちょっと知っておくだけで、少なくともお金の面については非常に楽になり、不安が多少は少なくなります。

そこで保険や年金制度から病気やケガをした時にどういう制度があり、どんな時にどういう制度を使えばよいかを ここでご紹介したいと思います。
ささやかながら、ご参考になれば幸いです。

事務所連絡先

〒661−0951
兵庫県尼崎市田能4丁目5−18
北方社会保険労務士事務所
TEL 06−6492−3356
FAX 06−6492−3359
MAIL kitakatasr@yahoo.co.jp

参加ランキング(ぜひともクリックお願いします)